So-net無料ブログ作成

三番瀬のシギ、チドリ秋の渡り ヨーロッパトウネン [自然観察]

久々にシギ、チドリを見に行きました。干潮が午後なのでゆっくり出動しました。時期が時期なので、沢山の鳥仲間と久々の再会をしました。皆さん元気にご活躍の様子でした。ヨーロッパトウネンがいるとのことで、早速、知り合いのSさんに皆で見分け方のレクチャーをお願いし、写真も見せて頂きました。この鳥を谷津干潟で見たのは何年も前で、おまけにしばらく、シギチの観察をしていなかったのですっかり忘れていましたが、話を聞いているうちにだんだん思い出し、早速探索開始しました。



DSCN0650_三番瀬.JPG

干潟が広がって来ました。中潮のせいか潮干狩りの方は意外と少なかった。




2S7A8213ヨーロッパトウネン.JPG

ヨーロッパトウネン    右の個体。風切り羽根が長いのがわかります。



2S7A8240ヨーロッパトウネン.JPG

ヨーロッパトウネン    左の個体。足が細く、長いです。風切り羽根も尾羽よりわずかに長いです。



2S7A8334ヨーロッパトウネン.JPG

ヨーロッパトウネン     ななめ後方からの画像。背中の白いV字も見えます。



2S7A8339オバシギFツキ.JPG

オバシギ    フラッグは越冬地のオーストラリアで付けられたものだそうです。



2S7A8365ソリハシシギ.JPG

ソリハシシギ    干潟のトップランナー。素早く走りまわってカニを捉えます。



2S7A8367オバシギ.JPG

オバシギ幼鳥    全部で3羽いました。



2S7A8391ソリハシシギ.JPG

オオソリハシシギ   逆光なので可也補整しました。



2S7A8394ミヤコドリ.JPG

ミヤコドリ    ここで越夏するするものもいるそうです。ここでの越冬数は増加傾向のようです。



2S7A8397メダイチドリ.JPG

メダイチドリ   風向きが悪く向こうを向いています。



2S7A8400ダイゼン.JPG

ダイゼン    夏羽が残っている個体。目立ちました。

nice!(1)  コメント(0) 

都市公園の秋の渡り センダイムシクイ [自然観察]

未だ8月ですが、早くも夏鳥の秋の渡りが始まりました。混群の中に1羽だけセンダイムシクイがいました。3日前にKさんが見つけた個体だと思います。



2S7A8006センダイムシクイ.JPG


2S7A8023センダイムシクイ.JPG


2S7A8142センダイムシクイc.JPG


センダイムシクイ     頭央線がはっきり写っていてかつピントの良い画像が有りませんが、一番下の画像はマアマアでしょうか。






nice!(0)  コメント(0) 

羽生水郷公園 コフキトンボ [自然観察]

お盆なので、家内の実家へ盆参りへ行ってきました。少し早めに出て、実家の近くの、水郷公園でトンボを見てそのあと県立の埼玉水族館を見学しました。



DSCN0495_羽生水郷公園.JPG

水郷公園     浮橋があり池の中央を横断出来ます。ここには奥の方に貴重なタヌキモの自生地も有ります。



DSCN0484_コフキトンボ♀.JPG

コフキトンボ♀    通称オビトンボと言われる翼に帯の有る♀の個体。これはなかなか見つかりません。B700のマクロ1400mm相当で撮影。約4M位の距離。



DSCN0499_ガガブタ.JPG

ガガブタ   貴重な水生植物。寒さと雨で少ししおれた感じです。



DSCN0503_アジアイトトンボ.JPG

アジアイトトンボ    お目当てのオオモノサシトンボは最近見かけません。イトトンボはこれだけでした。



DSCN0527_ゴイサギ.JPG

ゴイサギ     周りには幼鳥がたくさんいます。B700の1400mm相当で撮影。距離は150M位。






 














nice!(0)  コメント(0) 

水元公園 トンボと水生植物 [自然観察]

Nikon B700は軽くて、結構使える事が分かりました。望遠マクロがもう少し接近出来ると良いのですが、2mだとまず逃げられないので有る意味撮影しやすいとも言えます。手振れ防止が強力なので、1400mm相当で125分の1位のシャッタースピードでもぶれません。



DSCN0328_オニバス.JPG


DSCN0327_オニバス.JPG

オニバス     花は葉を突き破って出てきます。全国的にも貴重な日本産の植物です。



DSCN0355_ベニイトトンボb.JPG

ベニイトトンボ   以前いた池で絶滅したので、ここでは今や貴重な種になってしまいました。



DSCN0363_オオイトトンボ.JPG

オオイトトンボ    意外と他では見られないイトトンボです。



DSCN0390_カルガモ幼鳥.JPG

カルガモ    幼鳥達ですが、殆ど親鳥と変わらない大きさに成長しました。親は少し離れた場所でしっかり見張っていました。



DSCN0407_ガガブタ.JPG

ガガブタ    変な和名ですが可憐な水草です。水質に敏感で、ここでも以前密生していた池では見られなくなりました。24mm相当マクロモードにて撮影。



DSCN0427_チョウトンボ.JPG

チョウトンボ    1400mm相当のお蔭で、岸から離れていてもアップで撮れます。



DSCN0441_アサザ.JPG

アサザ   これも貴重な水草。都内ではここだけに自生しています。



DSCN0449_ウチワヤンマb.JPG

ウチワヤンマ   しっかり縄張りを守っています。

nice!(0)  コメント(0) 

Nikon B-700の試写 [自然観察]

お散歩カメラが欲しかったので、いろいろ調べた結果、いわゆるネオ一眼を購入しました。キャノンの製品は末期モデルなのでライバルNikonのB700に決定し、早速いろいろな被写体で試写してみました。RAWの解凍ソフトがCanonと違うので、ソフトウェアの造りの違いが分かりその点も興味深いところです。結果は以下の画像通りで予想外の実力に驚きました。唯一の欠点はRAWの連写だと書きこみが遅いことで、一寸イライラしますが、カメラの価格を考えればやむを得ないかもしれません。絞り優先、ISOオートです。





DSCN0030.JPG

箱根旧街道の甘酒茶屋    ワイド側は24mmなので観光にもピッタリです。



DSCN0039.JPG

箱根芦ノ湖     遊覧船と竜宮殿ですが1400mmの威力です。解像度もなかなかです。



DSCN0168_00001アオハダトンボ.JPG

ハグロトンボ   金属光沢が上手く出ています。オートフォーカス性能もすぐれています。



DSCN0236_キジバト.JPG

キジバト   バックが明るい最悪の条件ですがソフトで修正することなく綺麗に撮れました。1400mmです。手振れ防止も強力です。



DSCN0258_セグロセキレイ幼鳥.JPG

セグロセキレイ幼鳥    150mくらい先の被写体です。かなりトリミングしていますが画像が崩れていません。若干コントラストは強めましたが、輪郭強調等は一切していません。鮮明な画像でビッックリです。1400mm。



DSCN0263_ゴイサギ.JPG

ゴイサギ    上と同じ場所にいました。ゴチャゴチャの中なのに細かい所までしっかり捉えています。肉眼では鳥がいることすら判別出来ない距離でした。




DSCN0320_セグロセキレイ.JPG

セグロセキレイ    激しく動き回っていましたが、連写でうまく静止したところを撮影。距離は70m位でした。1400mm。


nice!(0)  コメント(0) 
メッセージを送る